ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

知っておきたい有機野菜のメリット・デメリット

スポンサードリンク

先日テレビで新しくオープンする渋谷メガドンキ本店の特集をしておりました。

土やら有機野菜の専門コーナーがあるとか。

有機野菜という言葉はよく聞きますが結局のところなんなんだろうと思い調べてみることに。

 

f:id:onuma00:20170514130455j:plain

有機=オーガニックとは?

まず有機とオーガニックは同じ意味です。

有機やオーガニックとは農薬や化学肥料に頼らず、大地・水・太陽・生物などの自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法を指します。

農薬を使わず育てた野菜を有機野菜。それらを使って加工や調理をした食品のことを有機食品と呼びますね。

 

有機JASマークについて

『有機』『オーガニック』などの名称の表示をする場合、必ずJAS規格に適合している必要があります。有機野菜、有機加工食品かどうかはこのマークで判断しましょう。

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/img/yuuki.jpg

 

有機野菜のメリット

農薬や化学肥料を使わないから安心

一般の野菜と比べて安心と言えるでしょう。ただし100%安心かと言割るとそうではありません。正しくは「危険性が低い」「安全性が高い」です。

いろいろなサイトで安心です!なんて言っておりますが、あくまで農薬や化学肥料を使っていない分、化学的なリスクが一般の野菜よりも少ないということです。過信してはいけません。その分別のリスクもありますからね。

オーガニック=リスクゼロではありません。

 

一般の野菜と比べて美味しい

一般論として美味しいと思われているようです。実際に有機野菜を食べている方への調査でも「美味しいから食べている」という理由が多いこと。また、普段野菜を食べない子供が喜んで食べるという事例があることから、有機野菜は一般の野菜と比べて美味しいと考えて間違いないでしょう。

ただ全ての有機野菜が美味しいとは限りません。種を植えた日や条件によって味は変わってきますし、化学肥料を使わない分、栄養が足りなくなり、美味しく育たないということもあります。

ただ一般論として美味しいと言われてるということは美味しいのです。育てている農家の方が美味しくなるように、なるべくいい条件で、自然由来の肥料を独自に調合し、美味しく育ててくれているのでしょう。

 

有機野菜のデメリット

 

値段が高い

一般の野菜と比べて、手間と時間がかかり、害虫対策のため人件費もかかってしまうため、どうしても値段が高くなってしまいます。一般の野菜との価格差は3割から5割と言われています。

なるべく自然に近く安全なものを食べると考えれば、そこまでひどい価格差ではないかもしれません。

手に入りづらい

手間と時間のかかる有機野菜。生産している農家もかなり少ないため、流通する数も必然的に少なくなってしまいます。

普通のスーパーではまず売っていないでしょう。ある程度大きなスーパーや、自然食品を扱うお店で購入する必要があります。

周りにそういったお店がない方や、面倒だと言う方は、有機野菜の宅配サービスを利用するのがいいでしょう。

虫が付いているかも

基本的に無農薬で栽培している有機野菜に虫が付いているのは仕方ないのかもしれません。業者の方がいくら検査してもまれに虫がついていることがあるみたいです。

しっかり水洗いするなどして対策するのがいいでしょう。

逆転の発想で虫がついているほど美味しい野菜と考えれば最悪虫が付いていても許せるかもしれませんね。

美味しくない

メリットでは美味しいと言っておいてデメリットでこれをあげるのは明らかに矛盾しておりますが、無農薬で化学肥料を使わないとなると、やはり育てるのが難しく、野菜が十分に栄養を取ることができず美味しく育つことができません。

すべての有機野菜が美味しいわけではないし、すべての有機野菜が美味しくないわけではないということですね。

実は農薬が使われている

「有機野菜は無農薬」 と散々書いてきましたが、実は農薬が使われていることもあります。安全性が証明されている特定の農薬の使用に関しては国が許可しているため、それらの農薬を使用していることがあります。

もちろん完全無農薬の物もあるので、あくまで使用されていることもありますということです。

 

 

まとめ

有機野菜は一般の野菜と比較した場合、間違いなく安全と言えるでしょう。ただ値段が高い味が美味しくない場合があるなど、正直メリットに比べてデメリットの方がたくさんあります。

ただ環境に配慮し、体に安全な物を手に入れられると思えばいいのではとも思います。

味に関しては感じ方は人それぞれですので、一度試してみるのもいいかもしれません。