ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

子供は想像力が豊かで自由。しかしヒーローが敵に負ける姿は想像することができない。48時間チャレンジから思うこと

スポンサードリンク

f:id:onuma00:20171024131303j:plain

どうやら海外で48時間チャレンジなるものが流行っているらしい。

 

今までにも、ダクトテープで手足を縛るチャレンジがトラブルになったこともあったが、現在は「48時間チャレンジ」なるものが海外の子供たちの間で流行しているらしい。そしてそのチャレンジについて、保護者が「死ぬほど心配するから絶対に真似しないで!」と呼びかけているというのだ。

アイルランドのニュースサイト『BelfastLive』によると、「48時間チャレンジ」とは、子供たちが家族や友人に何も告げずに48時間も行方をくらますチャレンジだ。

数年前、欧州では誰にも言わずに72時間姿を消す「Game of 72:ゲーム・オブ・72」と呼ばれるチャレンジが流行ったことがあり、それを真似たものではないかと言われている。

 

「ゲーム・オブ・72」との違いは、行方が分からなくなった子供を心配して、家族がSNSで情報提供を訴えるかどうかにある。親が、「○○の居場所が分からない。誰か知っている人がいたら教えてほしい」などとSNSで訴えれば、チャレンジが成功したと見なされてポイントがアップするのだ。 さらに悪いことに、なかには48時間で行方不明ゲームを終えず、見つかるまでチャレンジを続ける子供がいるとのこと。通常、48時間チャレンジはペアか数人のグループで行われ、北アイルランドに住む子供たちの場合は55時間も行方不明になっていた。

 

48時間チャレンジで行方をくらました14歳の子供の母親は、メディアのインタビューで「我が子が人身売買されたり、殺されたのではないかと不安になった」と答え、気が気ではなかった様子……。 しかし、死ぬほど心配していた親の気持ちをよそに子供たちは面白がっていただけで、警察に保護された際にはパトカーの中で自撮り撮影に勤しんでいたそうだ。

Facebookで流行っている『48時間チャレンジ』が物議 「死ぬほど心配するから絶対に真似しないで!」と保護者が呼びかけ | ロケットニュース24

 

想像力豊かな子供がなぜ危険を想像できないのか?

子供の想像力が豊かだということはなんとなくみなさん納得できると思います。

大人になってくるとどうしても型にハマった考え方をしがちですが、子どもたちにはそれがない。だからこそおもしろいことを考えつくだろうし、大人では考えもしない事が出来たりします。

しかし、それは必ずしも良いことだとは限らない。子供は想像力が豊かだが、それ以上に好奇心が旺盛で欲求に忠実なのです。

48時間チャレンジはまさにそれが現れた結果だと私は考えます。

48時間チャレンジは周りの人間から隠れることが目的ではなく、心配してもらうことが目的になっています。親が心配して「子供を探しています!」とSNSで拡散しているのを面白がって見ているのです。

親や周りの人間に迷惑をかけることよりも「自分がいなくなったらどうなるんだろう?」「きっと家の親は心配してSNSで拡散するはず!」なんてことを想像し、それが面白くて試してみたくて48時間チャレンジを実行したのだと思います。

 

大人では考えもしないとんでもないことを思いつき、それをやることのリスクを想像するよりも、好奇心と欲求に従い子供はただ遊んでいただけ。だから警察に保護されたときも自撮りを楽しんでいたのでしょう。

 

子供は想像力豊かであり、自らの好奇心と欲求に忠実である。忠実であるが故に自らに起きる危険など気にもせず、好きなことをしてしまうのでしょう。

 

子供はいつだって自分がヒーローになれると思っている

みなさんも小さい頃は何にでもなれると思っていませんでしたか?

宇宙飛行士、飛行機のパイロット、プロスポーツ選手、企業の社長…小さい時に夢見たあの職業が、大人になってみるといかに実現が難しいものか悟ります。

それと同じで、私達がどんなにその行為が危険だと説明しても、子どもたちにはそれが全く伝わらないのです。子どもたちにとってそれは「ただのうるさい小言」ぐらいにしか聞こえていないのでしょう。それは「自分はそんなヘマはしない」「自分はそんな危険なことに巻き込まれるはずがない」そう思っているからです。

子供はいつだって自分がヒーローであり、主人公です。だから自分の身に危険が降りかかるなんてこれっぽっちも思っていないのです。

 

子供だけでなく大人だって危険なことをする

子供が何か危ないことをしようとしていたら止めて叱ってあげるのが大人でしょう。

子供の見本にならなければいけない大人にも危険を想像することができない人がたくさんいます。その最たる例が自転車マナーです。

ついこの間、街でこんな光景を目にしました。

高校生くらいの女の子が、自転車で車道を走っていました。その道路は車道の端が自転車が走る用に青で色付けされた広めの道路でした。

その女の子はイヤホンで音楽を聞きながら、LINEでもしているのか携帯の画面を見ながら走っていました。前をほとんど見ていないその子は、フラフラしながら時折車道側に飛び出していました。車の接近にも音楽を聞いているので全く気づいていない様子でした。

こんなとんでもないことをしている子がいるのかと驚愕しましたが、自転車マナーが悪いのって子供だけじゃないですよね。

いい年したおじさんが携帯をいじりながら結構なスピードでカーブを曲がったり、一時停止を完全無視して路地から突然飛び出してきます。

子供を後ろに乗せたお母さんが同じく一時停止を無視して路地から飛び出したり、携帯をいじったり、急な坂を猛スピード下っていきます。

例外もありますが、子供だから危ないとか大人だから危なくないとかそういうことではないのです。

危険なものは危険なので大人子供関係なく想像力をしっかり働かせられる大人になってほしいものです。

 

子供は危険な事をする。だったらちゃんと教えて叱ってあげるのが大人です。

48時間チャレンジをやった子は、親にかまってもらいたくてやったんじゃないでしょうか。「親に心配してもらいたい」スタートはそんな「かまってちゃん」的な考えからだったのかもしれません。

親はしっかり愛情を注いであげて、自分の子ですから甘やかすのもいいでしょう。しかし、危険だと思うことはしっかり注意してあげて、もし悪いことをしたらちゃんと叱ってあげるべきだと思います。

「家の子は大丈夫」なんて考えは捨ててしっかり向き合ってあげることが大事だと私は考えます。

そして想像力の足りない大人にはもっと想像力を豊かにして欲しいものです。