ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

私のクレカが悪用されました。情報が盗まれて不正利用までされた話【ハイアット情報漏洩】

スポンサードリンク

昨日恐ろしいことが判明しました。

 

ブログのタイトルの通り

 

クレジットカードの情報が盗まれて、海外で全く知らない誰かにクレジットカードを使われていました

 

 

 

不正利用が発覚した経緯

昨日カード会社から電話がかかってきました。

 

「海外でカードが使用されてますが、今海外にいらっしゃいますか?」

 

は?

 

バリバリ日本にいるんですけど?どゆこと?

 

聞いてみると、海外でカードが使用されていて、利用履歴から不審に思ったカード会社が確認のため電話をしてくれたみたいでした。

 

なんて素晴らしいカード会社なんだ

 

一旦決済は保留してくれていたみたいで、そのまま今のカードを利用停止にして、新しいカードを送ってくれるとのことでした。

 

本当にこんなことってあるんですね。

カードの情報を盗まれて、しかも海外で使われるなんて…

 

すっごくドキドキしてしまいました。こんなドキドキはいらないんですけどね。

 

 

どこからカードの情報が漏れたのか?

カード会社に不正利用を伝えられた瞬間から「あれだな…」って思うくらい、情報が盗まれた場所に心あたりがありました。

 

ちょうど1ヶ月くらい前にこんなメールが私に届いてました。

f:id:onuma00:20171115180447p:plain

 

画像だと小さい字になってしまうので要約すると

 

「システムがハッキングされて、ハイアットが運営する一部のホテルで利用されたクレジットカードの情報(カード名義、カード番号、有効期限、内部認証コード)が漏れました。一応住所とかは漏れてないからそこは安心してください。

今度から気をつけるから許してね。

ちなみに影響があるカードは全体のごく一部。だけどこっちではそれがどれなのかまではわからないので、連絡先を知っている人みんなにこのメール送ってます。

もし何かあっても自分でなんとかしてね。よろしく!」

 

って感じのメールです。

 

見事に対象期間中グアムのハイアットに泊まっていたので、私の元にこのメールが送られてきたみたいです。

 

一応メールには情報が漏れたのはごく一部だと記載されていたので、まさか自分ではないだろうっていうのとカードの利用明細のチェックはしていたのでそこまで深刻に考えていませんでした。

 

しかしそんな楽観的な考えも虚しく見事に私のカード情報が盗まれ、更に全く知らない誰かに使われてしまいました。

 

 

ハイアットの情報漏洩

驚くべきことにハイアットは2年前、2015年7月末から12月までの期間に全く同じ事をやらかしていました。

 

いやいや何が高級ホテルだよ…

 

「今回の件を非常に深刻に受け止め、深くお詫び申し上げます。」

 

ってメールに書いてますけど、2年前の時は深刻に受け止めてなかったんでしょうか?

 

情報抜かれて不正利用までされちゃった私からしたら「2年前の情報漏洩では全然深刻に受け止めてなくて、また同じことされちゃうくらいの対策しかとってなかったんですね」としか思えません。

 

 

今回の件で学んだこと

今回の件で学んだのは『クレジットカードの情報が漏れた疑いが出た時点で、カード会社に連絡してそのカードを使えなくしてもらう』ということです。

 

そしてあまりにも私が楽観的で無知だったということに気付かされました。

 

クレジットカードの情報はお金です。

カード会社が不審に思わなければ、そして私達が明細を確認していなかったら他人に使われてしまうところでした。

 

手元にある現金と違い、自分がどんなに気を付けてもカードを利用したお店の情報管理がずさんだったら情報は盗まれてしまうのです。

 

クレジットカードはとても便利ですが、自分ではどうにもならないところに危険があるということですね。

 

まとめ

私のクレジットカードの情報が盗まれたという話でしたが、いつ誰の身に同じことが起きてもおかしくありません。

 

まさか自分がとは思わずに油断しないことが大切です。

 

今回はカード会社が気付いてくれましたが、いつも気づいてくれるとは限りませんし、カードを利用した施設が事前に情報が漏れたかもしれないと教えてくれるとも限りません。

 

クレジットカードを利用する人は、カードの利用履歴をしっかりチェックして、見に覚えのない利用履歴がないかを常に自分で確認する必要がありますね。