ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

実家から梨が送られてきたので、豊水と秀玉を食べ比べてみました

スポンサードリンク

実家から梨が送られてきました。毎年この時期になるとわざわざ近くの果樹園から買って送ってくれるんですよね。母ちゃんありがとう。

今年は初めて2品種送られてきたので、せっかくなので食べ比べしてみました。

f:id:onuma00:20171013001704j:plain

豊水と秀玉を食べ比べ

豊水

f:id:onuma00:20171013001636j:plain

豊水(ほうすい)は赤梨系の中生種で、和なし生産の30%を占める生産量第2位の品種である。なし農林8号。果樹試験場(現、果樹研究所)によって1954年に作られ、1972年に命名された。糖度が高いが、ほどよく酸味もある濃厚な味が特徴。幸水よりやや大きめで、果汁が多い。また、日持ちも幸水よりは長い。長らくリ-14号と八雲の交配種とされていたが、2003年に果樹研究所のDNA型鑑定によって幸水とイ-33の交配種であると発表された。

ナシ - Wikipedia

 我が家の梨と言えばこれ。いつも送られてくるやつですね。

見た目は普通の梨。

 

秀玉

f:id:onuma00:20171013002357j:plain

我らがwikipediaさんに載っていませんでした。

新しい品種というわけではなく、1988年に品種登録された梨で、菊水と幸水を掛け合わせた品種とのこと。

梨といえばの色ではなく、緑っぽい色をしてます。洋梨ってこんな色してますよね。

 

皮を向いて実食

f:id:onuma00:20171013003206j:plain

写真で見るとそんなにわかりませんが、左側の秀玉の方が若干ゴツゴツした形をしております。ちょっと色悪いですね。届いてから時間も経ってしまったのでそれもあるのかな。

並べてあるこの梨の皮を剥くとこんな感じ。

f:id:onuma00:20171013003311j:plain

中の実のほうはほぼ一緒ですが、写真で見るとちょっと色が違うかな。

それでは切って食べて行きましょう。

f:id:onuma00:20171013003959j:plain

半分から左側が秀玉。右側が豊水です。

やっぱり届いてから時間が経ってしまってるので色があれですね。結構ギリギリです。

 

豊水を食べた感想

簡単に言ってしまうと普通の梨。

シャキシャキしてて、芯の近くの部分にちょっと酸味があって、ジューシー。

ザ・梨。

普通に美味しいです。梨うめー。

秀玉を食べた感想

甘い!豊水に比べて甘くて芯の近くの酸味もほとんどありません。ただシャキシャキ感は豊水のほうが上。

あと、これは出荷のタイミングもあるかもしれませんが、時間が経っても豊水よりもシャキシャキ感が長持ちしたので、秀玉の方が日持ちするのかもしれません。

 

まとめ

今回初めて梨の食べ比べをしたのですが、結構違いましたね。

今まで豊水と幸水は食べたことがあるんです。ただどっちもザ・梨って感じでそこまで違いはありませんでした。

しかし、今回初めて食べた秀玉はここまで違うか!ってくらい違いを感じました。

 

秀玉は本当に甘くて美味しい。ハマってしまいそうです

今度から梨を送ってもらう時は、秀玉を送ってもらうことにします。

ただ梨のシャキシャキ感が好きって人は豊水の方がいいですね。

 

どちらの品種も甘くて水々しくて美味しかったです。