ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

WHOが病気と認めた【ネットゲーム依存症】本人だけでなく家族にも影響を及ぼすその恐怖とは?

スポンサードリンク

先日朝日デジタル新聞に掲載された記事がかなり衝撃的だったので取り上げることにしました。

簡単に言うとネットゲーム依存症が病気として認定されることになったという記事です。

 

ネットゲーム依存は「病気」WHOが疾病分類に追加へ

f:id:onuma00:20180105133910p:plain

インターネットゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状について、世界保健機関(WHO)が2018年、病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)に初めて盛り込む方針であることがわかった。国際サッカー連盟(FIFA)主催の世界大会が開かれたり、五輪への採用が検討されたりするなどネットゲームが広く普及する中、負の側面であるネット依存の実態把握や対策に役立てられそうだ。

 

WHO関係者によると、18年5月の総会を経て、6月に公表を予定する最新版のICD―11で、「Gaming disorder」(ゲーム症・障害)を新たに盛り込む。17年末にトルコで開かれた依存症に関する会議で、最終草案を確認した。

最終草案では、ゲーム症・障害を「持続または反復するゲーム行動」と説明。ゲームをする衝動が止められない▽ゲームを最優先する▽問題が起きてもゲームを続ける▽個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じる――を具体的な症状としている。診断に必要な症状の継続期間は「最低12カ月」。ただ特に幼少期は進行が早いとして、全ての症状にあてはまり、重症であれば、より短い期間でも依存症とみなす方針だ。

ゲームを含むネット依存はこれまで統一した定義がなく、国際的な統計もなかった。新しい定義は各国での診断や統計調査に役立てられる。厚生労働省の国際分類情報管理室も「公表から数年後にICD―11を統計調査に使う」としている。

依存症の専門家によると、ネット依存の人は酒や薬物の依存者のように脳の働きが大きく低下し、感情をうまくコントロールできなくなるとの研究論文が近年、国際的な医学誌に多数報告されている。このためWHOは、ネット依存をギャンブルのように熱中しすぎるとやめられなくなる「嗜癖(しへき)行動」と捉えることにした。そのうち研究結果の多い「ゲーム症・障害」を疾病として分類する。またLINEやツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)によるネット依存は「その他の嗜癖行動による障害」とする。これまでは、いずれも「その他の習慣および衝動の障害」とされていた。

ネットゲーム依存は「病気」 WHOが疾病分類に追加へ:朝日新聞デジタル

 

ネットゲーム依存症は病気です

「ネットゲーム依存症は病気」

ネットゲーム大好きな人間が依存症と呼ばれ、それがアルコール依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症と同じくくりで病気と呼ばれる。そんな時代がくるなんて誰が想像したでしょうか?

しかし、実際にゲームをやり過ぎた結果、死亡したという例もあるのです。

86時間連続でゲームをして死亡:韓国

4時間連続プレイ中の高校生が急死:韓国

6時間連続プレイで死亡:香港

1日平均20時間ネトゲをプレイした男性死亡:韓国

7連休中ゲームに没頭した肥満男性最終日に急死:中国

13時間ゲームを続けた男性、トイレで急死:韓国

徹夜でパソコンに没頭した少女、ネカフェで急死:中国

夜通しゲームで17歳少年急死:中国

3日間飲まず食わずでゲームに没頭した男性急死:中国

12時間同じ姿勢でゲームをした男性急死:イギリス

3日間ゲームに没頭した男性心臓発作で死亡:アメリカ

  

ほとんどがネットゲームの盛んな韓国や中国で起きたことですが、イギリスやアメリカなど世界でも同じような事例が確認されています。

 

なぜネットゲームをして死亡してしまうのか?

なぜゲームのやりすぎで死亡してしまうのか?

世界での死亡例を見てみると、単純にゲームのやりすぎだと思われるものが多いです。しかし、よくよく考えてみると私も学生時代に勉強もせずに、一日中ゲームをして過ごしたことも少なくありません。むしろ男性諸君はそんな経験がある人が多いのではないでしょうか?

 

ではなぜこの人達だけゲームのやり過ぎで死んでしまうという最悪の結末を迎えてしまったのか?

 

それは彼らの普段の生活に原因があるのではないでしょうか?

こんな記事がある。

 

座り過ぎの死亡リスクは最大40%増

「オーストラリアの研究機関が座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかった。このパーセンテージは、WHOが推奨する1日30分以上のウォーキングやランニングなどの運動を週5日実施していても、相殺できない」

f:id:onuma00:20180105143502p:plain

座って脚の筋肉がほとんど動かない間、「第二の心臓」と言われるふくらはぎの活動は停止状態に陥っている。言い換えれば、下半身に下りた血液を心臓に押し戻すポンプの働きが停止して、全身に酸素や栄養を送る血流が滞ってしまう。

「その状態が長引くほど、いわゆるドロドロ血と言われる状態になって血栓ができやすくなる。血栓は、がんを含むあらゆる病気に多く見られる血管トラブル。血栓が血管に詰まって静脈血栓塞栓症を引き起こせば、即、死に至るケースもあり得る」

座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎている | BUSINESS INSIDER JAPAN

 

死亡してしまった人たちは、普段から長時間ネットゲームをプレイし、座ったまま同じ姿勢で何時間も過ごすことが多かった。

それに加え、ゲームをプレイする際の緊張やストレスなどで自分では気づかぬ内に身体に負担がかかっていた。

 

この2つの要因が合わさり、死亡という最悪の結末を迎えてしまったということでしょう。

 

あくまで極端な例だと思うかもしれませんが、ゲームが好きな人にとって決して他人事ではないと思います。

ここまでくると、たかがゲームなんて軽く考えることもできなくなってくるでしょう。

 

ネットゲーム依存症の恐怖は死亡のリスクだけではない

ネットゲーム依存症の恐ろしいところは、本人が死亡してしまうということだけではありません。

世界での死亡例を見た時に「86時間連続でプレイ」「3日間飲まず食わずでプレイ」という事例があったことを思い出していただきたい。どう考えても正気じゃないのがおわかりいただけると思います。

 

ネットゲームに依存し、本人以外にも害が及んでしまった例もあります。

ネットゲームのやり過ぎを注意された男性が実母を殺害:韓国

ネカフェでネットゲームに没頭、トイレで赤ちゃんを出産し殺害:韓国

ネットゲームに没頭した夫婦、生後3ヶ月の娘を餓死させる:韓国

 

ネットゲームに依存することは本人の身体を壊すだけでなく、精神を蝕み周りの人間に被害を及ぼすリスクも秘めています。

 

ネットゲーム依存症は中毒ではなく【嗜癖(しへき)】

ネットゲーム依存症=ネットゲーム中毒ではない。

ネットゲーム依存症について調べ【嗜癖】という言葉を知って私はゾッとしました。

 

もしあなた自身が、あなたの家族がネットゲーム依存症と認定されたとします。

ネットゲームをやめなければいけない。しかし、ネットゲーム依存症だと診断されたのは、ネットゲームが好きだからです。

好きだからこそのめり込み、依存症になり、依存症と認められるほど好きなのです。

 

考えて欲しいのは”それほど好きなものを簡単にやめることができるのだろうか?”ということです。

 

中毒はその行為・モノに中毒性がありやめられなくなることですが、嗜癖は本人の意志が関わっているからタチが悪い。

 

好きすぎて人生が狂ってしまうほどのことをやめることができるだろうか?

好きすぎて人生が狂ってしまうほどのことをやめさせることができるだろうか?

 

そう考えたとき、ネットゲーム依存症が病気認定されたことと、その本当の恐ろしさを理解することが出来た気がしました。

 

まとめ

最初は「ゲームが好きなだけで病気?なんでもかんでも病気にするなよ」なんて思っていましたが、どんな病気なのか?今までどんな事例があるのか?調べていく内に病気としてきちんと捉える必要があることなんだなと考えが変わりました。

 もし自分に中学生、高校生くらいの子供がいてネットゲーム依存症になったら考えると、本当の恐ろしさがわかる病気なのかもしれません。

 

インターネットが身近にあるのが当たり前な時代だからこそ生まれた病気であると同時に、今後はネットゲームだけでなくSNSなどを含むネット依存も病気として認定されるようになるでしょう。

 

これからは、なんでもかんでも病気にするなと硬い頭で否定せず、柔軟な頭で受け入れ、理解することが大事なのかもしれません。