ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

【男の料理】第2回男飯!初めて唐揚げ作ったら揚げ過ぎた!

スポンサードリンク

大家の男飯とは?

・我が家のレシピを参考に料理初心者の男が料理を作る

・基本的に味付けは目分量。目安を記載してはいるが信頼度は低い

・完成した料理は失敗している場合があるが気にしてはいけない

・料理に集中しすぎて写真を撮り忘れている可能性が高い

・ハッキリ言って私のメモ。クオリティを求めてはいけない

 

男飯第2回は唐揚げ!

今回は唐揚げを作っていくぞ!

 

ドン!

f:id:onuma00:20171010224839j:plain

 

ドン!

f:id:onuma00:20171010224859j:plain

 

ドーン!

f:id:onuma00:20171010224921j:plain

 

完全に調理工程の写真を撮り忘れました。すみませんでした…

 ちなみに我が家は竜田風唐揚げです。

 

材料

具材

鶏モモ肉 600g

 

味つけ(量はてきとうです。これくらいかな?で書いてます)

・砂糖 大さじ1

・はちみつ 大さじ1

・生姜 チューブ1cm

・にんにく チューブ1cm

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

・醤油 大さじ3か4

・塩コショウ 適量(4振りくらい)

 

揚げ

・サラダ油(あげる油)

・片栗粉 適量

 

1.鶏もも肉を好きなサイズに切る

好きなサイズに切ってください。小さすぎると美味しくないし、大きすぎると火が通りづらくなるので、そこだけ注意すればあとはおまかせー

 

2.切った肉に味をつける

ボウルやジップロックなどに切った肉を入れ、調味料を入れて味付けをします。

砂糖、酒、塩コショウ、しょうが、にんにく、はちみつを先に入れて軽くもみ、その後醤油を入れる。味の濃いものを後に入れるのが大事。

この時、匂いをかいで完全に醤油の匂いになってしまうと濃すぎですね。(この加減が結構難しい)

 

3.味を染み込ませる

味をしみこませるために肉を漬け込みます。20分〜30分ほど置きましょう。

もみもみすると味がしみこみやすくなりますよ。

 

4.肉に片栗粉をつける

肉全体に片栗粉をつけます。余分な片栗粉はポンポンして落とします。

片栗粉を付けた肉からどんどん揚げていきましょう。

皿等に片栗粉を適量出してからやるとやりやすいでしょう。

 

5.揚げる

我が家の唐揚げは2度揚げです。

1度目は180〜190℃でキツネ色になるくらいまで揚げて、その後魚焼きグリルの上などで余分な油を落としながら、予熱で肉に火を通します。

その後、200℃で温める程度にサラッと2度目を揚げて完成です。

 

6.完成!

完成写真は最初にあるので割愛。

おいしい!しかし揚げすぎた!写真の見た目は悪くないのですが、揚げすぎてちょっと苦味が出てしまいました。

 

今回のポイント 

・砂糖、酒、塩コショウ、しょうが、にんにく、はちみつを先に入れて軽くもみ、その後醤油を入れる

・味は匂いで判断する。完全に醤油の匂いになってしまうと濃すぎる

・小麦粉は肉1つ1つにしっかりまぶし、その後無駄な粉はしっかり落とす

・揚げるときは180〜190℃で1度揚げ、魚焼きグリルの上などで余分な油を落としながら、予熱で中まで火を通す。その後200℃で温める程度にサラッと揚げる

・揚げるときの目安はキツネ色くらい。揚げ過ぎると焦げて苦くなってしまうので揚げ過ぎに注意。

 

まとめ

唐揚げは味付けが結構難しい。

肉に味を染み込ませる感じなので、濃い目に味付けしたほうがいいのですが、濃すぎるとしょっぱくて美味しくないし、薄いと話にならないし…

安定した味付けができるように頑張ります。我が家の基準は匂いらしいです。

味付けも難しいですが、揚げるのも難しい。

「肉に火が通ってなかったらどうしよう…」という心配性が発動して今回は揚げすぎてしまいました。見た目はきつね色くらいでちょうど良さそうだったのですが、なかなか難しいですね。

次は経験を生かしていい感じに揚げたいです。