ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

衆議院の解散と政治ゲーム。本当に国民のことを思う政治家はいないのか…

スポンサードリンク

f:id:onuma00:20170929204020j:plain

先日衆議院の解散が発表され、衆議院選挙が行われることになりました。

この選挙には小池百合子東京都知事が代表を務める新生党「希望の党」の議員も出馬をするわけですが、やはり気になるのは『小池都知事が都政と国政の2足のわらじを履きこなすことができるか?』ということでしょう。

しかし、そもそもなぜ北朝鮮の問題で国内がバタバタしている”今”解散するのか?

そんな疑問を解決しつつ、今回の選挙について書いていこうと思います。

 

なぜ”今”衆議院を解散するのか?

北朝鮮、共謀罪、加計学園、森友学園、様々な問題を抱える安倍政権が、なぜ今衆議院を解散したのか?

国民から憲法改正の太鼓判をもらうため。森友、加計の疑惑追求から逃れるため。というのもありますが、なぜ"今"なのかで言えば選挙に勝つためと言っていいでしょう。

 

選挙に勝つための解散

なぜ選挙に勝つために解散するのか?それは今の安倍政権を取り巻く環境にあります。

森友学園問題などの影響で、一時安倍政権の支持率は30%台まで落ち込みましたが、それが9月に入り50%台まで回復しました。

このタイミングで野党第1党である民進党は、離党者が続出。更に山尾志桜里議員の不倫騒動で党内はバタバタしています。

そして以前から小池都知事が立ち上げようとしていた新政党。衆議院いの解散を前に「希望の党」と党名は発表したものの、選挙で戦う準備を急ピッチで進めているのが現状です。これが1年後となると、希望の党の準備は整い、強大なライバルとなって安倍政権の前に立ちはだかってしまいます。

自民党を勝利に導くこの3つの要素が揃った”今”を逃して解散はありえないでしょう。そして、この選挙に勝つことができれば安倍首相は「国民から憲法改正の太鼓判をもらった!」とも言えるわけです。

つまり、安倍首相は選挙で勝つためにこれ以上はない!という絶妙なタイミングで解散したのです。

 

選挙に勝利するのは?

これ以上ないというタイミングで解散した安倍政権ですが、果たして本当に勝つことができるのでしょうか?

ライバルの存在

都知事選に続き、都議選も勝利し、今勢いに乗る小池百合子東京都知事。

今回の選挙で安倍政権のライバルになるのが、彼女が代表を務める「希望の党」です。

希望の党は準備不足と批判されてますが、民進党の議員たちが合流するという形で候補者を集め、政権交代に向けて着々と準備を整えています。

しかし、安倍政権と選挙で戦うには代表である小池百合子氏の存在が不可欠です。

小池氏がどんな形で選挙に関わってくるのかで、勝敗は大きく変わってくるでしょう。

 

 小池氏は選挙に出馬するのか?

選挙の行方を左右するのは間違いなく小池氏の動向です。

希望の党の代表となり、都政と兼任すると発言した小池氏ですが、果たして選挙への出馬はあるのでしょうか?

どちらかを選ばなければいけない

仮に兼任して業務をこなせたとしても、言うなれば2股をかけているのですから、周りがそれを許すはずがありません。

しかし選挙に出れば、都政を中途半端に放置した!無責任だ!と批判され、かといって選挙に出ずに兼任をしようとしても、都議会がそれを許さないでしょう。

結局のところ小池氏はどちらかを選ばなければいけないのです。

本気で勝つなら出るしかない

正直なところ、小池氏が出馬しなければ、希望の党は顔がいない状態で戦わなければいけなくなります。

希望の党=小池氏の現状で、小池氏が出馬しないとなれば、希望の党が勝つ可能性はかなり低くなってしまうでしょう。

最早この選挙は自民・公明 対 希望の党ではなく、安倍首相 対 小池都知事といっても過言ではないのです。

 

解散が与える影響

この選挙で安倍政権が勝利を収めれば、国民の了承を得たと改革は進み、憲法改正、消費税増税、子育て支援関連の政策は一気に進むでしょう。

ちなみに憲法改正については、希望の党も前向きのようです。どちらが勝っても戦争放棄をうたった憲法9条は変わってしまうのかもしれません。

そしてこの選挙にかかる費用は600億円以上とも言われております。選挙には経済効果もあるので一概に無駄だとも言えませんが、600億円ものお金を勝利するために簡単に使われてしまうのは、どうなのかなとも思ってしまいます。

 

今回の衆議院解散についてのまとめ

安倍首相が国難突破を掲げた今回の解散。しかし一方で「大義なき解散」と批判もされています。

北朝鮮のミサイル問題で揺れる国内を更に混乱させ、そして自らの森友・加計問題の疑惑追求から逃れるための解散とも取れます。

いくら「国民のため」だと言われても、解散のタイミングから察するにどう考えても自分のため、自分たちが勝利するための解散です。

この間に北朝鮮が動き出し、手遅れになりでもしたら一体どうするのでしょうか?

国民のためとは言いつつ、国民が置いてけぼりの政治ゲームと成り果てた今回の解散と衆院選。

「本当に国と国民のことを考える政治家はいないのだろうか…」と私は不安に思います。