ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

斎藤慧選手のドーピングと平野歩夢選手の銀メダル【今日の気になったニュース】

スポンサードリンク

テレビを見ると「平昌平昌平昌ぴょんちゃん!」絶賛オリンピック期間中でございます。

 

さて本日気になったのはこちら

・スピードスケート 斎藤慧選手のドーピング問題

・スノーボード・ハーフパイプ 平野歩夢選手が銀メダル

 

 

スピードスケート・ショートトラック 斎藤慧選手のドーピング問題

ドーピング検査で陽性反応を示したとして、スピードスケート・ショートトラックの斎藤慧選手(21)が、今大会のドーピング案件第1号として発表されてしまいました。日本人選手で陽性反応が出たのは冬季五輪では初の出来事。

大会前の4日、選手村で行われた抜き打ち検査で、ドーピング隠しを疑われる利尿作用がある禁止薬物アセタゾラミドが検出され、斎藤選手は暫定的な資格停止処分を言い渡され、それを受け入れました。

斎藤選手は「ドーピングを行おうと考えたことはこれまで一度もありません」「私は筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません」などのコメントを発表し、1月29日の合宿中に受けた検査では陰性であったことも明かしています。

 

非常に悲しい出来事であると同時に、この事実を素直に受けれていいのか疑問に思います。

 

先月東京五輪のカヌー代表を目指す選手間で飲み物に禁止薬物を混入させる事件が起きたばかり、ドーピング問題に関して日本の選手は、いつも以上に神経質になっているのは間違いないでしょう。

 

果たしてその状況で禁止薬物に自ら手を出すでしょうか?

 

本人も強く使用を否定していますし、自ら意図して飲んでいないと信じたいですね。

まだ若い選手なので、無実だとするならば今後のためにもきちんと身の潔白を証明してほしいです。

 

スノーボード・ハーフパイプ 平野歩夢選手が銀メダル

 平野歩夢選手(19)選手が、スノーバード・ハーフパイプで完璧な演技を披露し、見事銀メダルを獲得しました。

2回目の演技で95.25点を叩き出し、見事1位に躍り出た平野選手。しかし、スノーボード界のレジェンドと呼ばれるショーン・ホワイトが圧巻の滑りで97.75点をマークし金メダル。平野選手は惜しくも銀メダルという結果で終わりました。

どちらも金メダル級の滑りでしたが、ショーン・ホワイトが一枚上手だったということです。でも平野選手には若さがあります。きっと次の冬季五輪では金メダルを獲得してくれるでしょう。

 

余談ですが、以前冬季オリンピックの記者会見で、その態度が話題となった國母和宏選手。現在は"改心"し、全日本のコーチとして活躍しているようです。

よくよく考えれば、スノーボートという競技は常に危険と隣り合わせ、命を賭けた極限状態で競技に臨んでいます。

更に日本の代表として、世界が注目するオリンピックに出場するとなると、精神への負担は計り知れないでしょう。

あの会見での態度はそうしたプレッシャーから来るものだったのかもしれません。確かに"良くない行為”ではありましたが、一般人にはわからないところで彼も戦っていたのかもしれません。今後も平野選手を始めとした後進の育成を頑張っていただきたいです。