ROOM45

書きたいことを書いていいんだよ!だって自分のブログだもん!

全国で進む自転車保険の義務化とおすすめの自転車保険

スポンサードリンク

近年、自転車による事故で多額の賠償金を払うケースが増え、それに伴い各県で自転車保険への加入義務化が進んでいます。

 

各県の自転車保険義務化の状況

f:id:onuma00:20180105194347p:plain

自転車保険 | 事故に備えて補償内容を知っておこう!【保険市場】

 2015年10月に兵庫県が全国で初めて自転車保険の加入義務化に踏み切り、その後他の県が続々と自転車保険の義務化を進めています。今年の4月からは京都・埼玉でも加入義務化が開始されます。市単位では、名古屋市を始め多くの市が積極的に取り組んでいます。

自転車保険への加入が義務化されている県

兵庫 平成27年10月

大阪 平成28年7月

滋賀 平成28年10月

鹿児島 平成29年10月

京都 平成30年4月

埼玉 平成30年4月

 

なぜ自転車保険への加入が義務化されるのか?

 「自転車事故を起こした際の被害者救済や、加害者の経済的負担の軽減」

どこの県でもこのように発表されています。

近年、対歩行者、自転車、バイク問わず相手を死傷させたとして数千万円の賠償金を支払う例が多くなっています。

 

自転車事故の加害者となり高額な賠償金を支払った事例

賠償金額 9,521万円

男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車走行中、歩道と車道の区別のない道路において走行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の障害を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、平成25年7月4日判決)

賠償金額 9,266万円

男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性 会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)

賠償金額 6,779万円

男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の 女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成15年9月30日判決)

賠償金額 5,438万円

男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。 女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成19年4月11日判決)

賠償金額 4,746万円

男性が昼間、赤信号を無視して交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中の女性(75歳)に衝突。女性は脳 挫傷等で5日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成26年1月28日判決)

一般社団法人 日本損害保険協会

知っていますか? 自転車の事故~安全な乗り方と事故への備え(PDFファイル:3.18MB)

 

自転車保険の必要性

日常的に自転車に乗る人の自転車保険加入率は約2割ほどと言われています。

年齢にかかわらず手軽で便利に使える移動手段として、小さい時から身近にある自転車を"危険な乗り物”だと捉える人が少ないからこその数字だと思います。

 

しかし、街を歩いていると危険な運転をする人を多く見かけます。

一時不停止、飛び出し、イヤホンをしながら、スマホを見ながらなど誰もが一度はその光景を見たことがあるでしょう。

 

"危険な乗り物”だと言う認識がないからこのような運転をしてしまうのだと思いますが、死亡事故が多発している現状、その認識は改める必要があります。

自分は大丈夫だと思っていても、いつ自転車事故に巻き込まれ、加害者・被害者になってもおかしくありません。そんなもしものために自転車保険に加入する必要があるでしょう。

自転車保険の加入義務化はそのいい機会なのかもしれません。

 

おすすめの自転車保険

全日本交通安全協会「サイクル安心保険」

とにかく保険料を安くおさめたい人におすすめなのがこちら。

家族全員の保険が月103円でまかなえてしまいます。これで賠償責任の補償額が1億円。さらに示談代行までついてくるなんて驚きです。

ただ本当に最低限なので、自身のケガの補償はありません。

とにかく安くすませたい人にはおすすめです。

保険料 年間1,230円(月103円)〜

賠償金額 1億円

示談代行 あり

本人保障 なし

 

au損保保険株式会社「Bycle」

少し保険料が高くても充実の補償内容にしたいという人におすすめなのがこちらの保険。

個人賠償責任の補償額が2億円に加え、自転車事故に合った際は入院日額8,000円、手術保険金4万円または8万円。死亡時は500万円の補償もあります。

さらにパンクやフレームの破損などで自転車を走らせる事ができなくなった場合、無料でかけつけてくれるロードサービスもついています。

これで月額360円〜!手厚い補償を考えるなら一番おすすめの保険ですね。

保険料 年間3,920円(月360円)〜

補償金額 2億円

示談代行 あり

本人補償 あり

 

まとめ

自転車による死亡事故が増え、自転車事故は自動車事故と同じく考えられるようになり賠償金が高額になるケースが増えてきています。

各県が保険加入を進め、今後この流れは全国に広がっていくと思います。保険料もそれほど高額ではないので、これを機に、もしものために自転車保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。